banner

遺産分割方法など検討が必要なこと

相続税を計算するとき、まずは全体の相続財産と相続人の人数などで計算されます。相続税の全体額が確定したら、あとは、それぞれの相続人がいくらずつの財産を相続するか、その相続財産の割合で相続税を案分するのが通例です。
相続税が発生しそうな場合には、相続税の納税資金対策や遺産分割も十分に検討しなければなりません。そのため、納税資金対策を考えないような遺産分割をした場合にはトラブル発生になってしまうことも。
相続財産の中には、土地などの不動産が多く含まれることもあります。不動産は換金性が低いため、相続する際には注意が必要です。
遺産分割で相続した財産が換金性の低いものばかりであった場合、相続税の支払いができなくなってしまうことがあります。もし、一人でも相続税が支払えなかった場合には、他の相続人に請求がくることになります。誰かがその支払えなかった相続税を立て替えて支払うことになります。そして、立て替えて支払った相続税は支払えなかった人に請求できますが、そう簡単に回収できるものではありません。回収できないままになっているケースも多くあります。
そうならないよう、相続税が発生することがある程度分かっているのであれば、節税対策や納税資金対策、遺産分割の方法もきちんと検討しておくことが必要です。

< 前の記事 次の記事 >

what's new

Copyright(C)2013 相続時困らない為の準備 All Rights Reserved.