banner

遺言書の作成と早めの贈与が有効です

相続対策でよく頭に思い浮かぶのは、遺言書の作成などです。相続対策の考え方として、相続財産の評価額に対して相続税が発生します。可能な限り、相続財産を減らす(圧縮する)、次世代へ移転しておくことが有効です。
そのため、有効な手段として、生前贈与が挙げられます。
通常の(暦年)贈与は、贈与を受ける人が年間に110万円までは無税で贈与を受けられます。もし、子供が父から110万円を受け取った場合、その他に何も贈与を受けていなければ贈与税は発生しません。子供が父と母からそれぞれ110万円を受け取った場合、年間の贈与が220万円あったということになりますので、11万円の贈与税が発生してしまいます。贈与の申告や納税は、贈与を受けた人、つまりこの場合は子供が申告をして、贈与税の納税も行うことになります。贈与の申告時期は、贈与を受けた年の翌年3月までに確定申告をしなければならないとされていますので、インターネットや税務署で贈与税の申告手続きを行うことになります。
一般的な贈与は暦年贈与と呼ばれるもので、1年間(1月〜12月)に110万円までが無税で贈与を受けることができます。もし、12月に110万円、翌年1月に110万円の贈与を受けたとしたら、短期間に220万円の贈与を受けることもできるのです。

< 前の記事 次の記事 >

what's new

Copyright(C)2013 相続時困らない為の準備 All Rights Reserved.