banner

早めに納税資金の準備を

相続が発生した場合、相続財産の多くが換金しにくい財産であることも少なくありません。ほとんどが現預金であれば、相続税はその相続財産から納めれば問題ありませんが、相続した財産が土地や建物などの不動産であった場合、財産を相続しても納めるべき納税資金が準備できないということもあります。
相続税が支払えない場合、延納や物納という手続きが可能です。まずは、延納が出来る場合には延納の手続きを進めます。この場合、支払期限を延長するため、その期間の利息が発生してしまいます。次に、物納という手続きがありますが、これは延納ができないと判断された場合に申請ができます。そして、物納できる財産にも制限があり、どんなものでも物納できるわけではなく、土地などの場合は権利関係が整理されていないと難しいのです。共有になっていたり、他人に貸していたりする場合には難しいと思った方がいいでしょう。
最悪、悪質だと判断された場合には、公売などで差し押さえられることもあります。公売オークションなどは最近よく耳にするようになりました。
物納や差し押さえなどの場合、通常の売買価格よりもかなり低い金額となってしまいます。そのため、相続税が支払いきれない場合には、残りの相続税だけが残ってしまうということに。そうならないよう、相続税の納税が分かっている場合には、早めに納税資金の準備をしておくなどの対策が必要です。

< 前の記事 次の記事 >

what's new

Copyright(C)2013 相続時困らない為の準備 All Rights Reserved.